四万十を清流のまま未来へ引き継ぐために、わたしたちは栗を育てます
                    

四万十栗の甘露煮

krn0131.jpg
四万十栗のかんろ煮もきれいな黄色で完成♪
素材の良さを伝えたくて 無漂白にこだわりました

甘露煮の試作品がついに完成しました♪

ラベルは仮モノですが。。。

3回目の試作

なかなかイイ色になってきました
糖度もあげました
もう一息

工業技術センターの評価は。。。?

糖度がまったく足りていません

10月27日
はじめての試作品を持って 工業技術センターに行ってきました
世の中そんなに甘くありません
はじめて試作した甘露煮が即商品化OK、というようなことはあり得ないけれど。。。
やはり 前途多難のようです

試作品第1号の感想は「うまいっ!」

「うまいっ!」

正直驚きました
栗の風味、柔らかさ(ちょっと柔らかすぎかな?)、自然な甘み。。。
250g950円の市販の甘露煮と比較してみましたが、いけます

栗がいいのか、保存方法がよかったのか、加工方法がよかったのか まだまだ前途多難が予測されますが、楽しみがひとつ増えた感じです

試作品第1号!

栗の甘露煮の1かいめの試作が終了しました
おっと。。。
「なかなか厳しい」ファーストインプレッションでした

気になるお味は? ・・・次回へつづく。

栗のダイアモンドカット

甘露煮につかう栗には ダイアモンドカット という剥き方が求められます
これがまたたいへんな作業で なかなか剥き手がいません


栗のダイアモンドカット

紅おばちゃんの手ほどきを受けてきました


栗のダイアモンドカット

ぜひこの技術を受け継いでいただきたいものです