四万十を清流のまま未来へ引き継ぐために、わたしたちは栗を育てます
                    


上記の「栗のはなし」はFLASHで作成してあります。ご覧になれない方は恐れ入りますが下記の方法でご覧いたたきますと幸いです。

栗はかつては西土佐で主要生産物の一つだった

西土佐農業協同組合(現JA高知はた西土佐支所)の記録によれば、栗の出荷額がもっとも多かったのは昭和60年の1億4百万円で前年の1億2百万円と2年連年で1億円を超えていました。
この時期(昭和58年)の農協から出荷される農産物の内訳をみると、栗の出荷額は干ししいたけ、園芸品、米類についで4番目に多い主要生産物でした。
しかし昭和60年をピークに年々減少を続けていきます。 平成12年には経営を安定化させるために栗生産者の共済連合を組織し、肥料供給などの支援を行う仕組みをつくりましたが、残念ながら韓国産の栗の輸入に伴い、栗の市場価格が下落。 追い打ちをかけるように平成16、17年の台風被害で共済連合もその役目を果たすことができなくなり、台風被害が無くても年間出荷額が1千万円程度という現状に至っています。

現在の生産額から推測される耕作放棄地の規模

農協のkgあたり引き取り価格は、現在も昭和59年当時からさほど変わっていないようです。 現在の栗の出荷量および出荷額と最盛期の販売額が1億4百万円ということなどから推測される放棄栗園の規模は104haにものぼります。

20090702.jpg

約104haの栗園が生産から撤退していますが、栗の価格低迷や獣害などへの対策から、より獣害の少ない柚子への転作をした農家もあるため、その面積全てが耕作放棄地になっているわけではないようです。 平成20年度に四万十市西土佐総合支所が実施した簡単な目視による調査の結果では、少なくても50ha程度の耕作放棄地があり、およそ150tの生産ポテンシャルを見込むことができそうです。
また、昨今の中国産食品の農薬残留の問題などから、一般消費者の食の安心安全に対する関心が高まり、国内産農産物への評価が高まっていること等を背景に、これまで変化がなかった栗の引き取り価格にも好転の兆しがあります。

20090702.jpg

高知県は全国と比較して10年高齢化が先行しているとされています。 それに対して西土佐地区では36.7%とさらに10年先行していることになります。 3人に1人以上が高齢者であり、さらにその内75歳以上の高齢者が増加する傾向は今後も続くことが予想されています。 大野晃・高知大学名誉教授の提唱した限界集落とは、集落を構成する人口のうち65歳以上人口が過半数となった集落のことで、集落の自治、生活道路の管理、冠婚葬祭など、共同体としての機能が急速に衰えてしまい、やがて消滅に向かうとされています。 このような限界集落を多く抱える西土佐で、猪や鹿などの獣害と闘うが残念ながら降参してしまうという状況もあるのでしょう。 また、降参しないまでも獣害対策に積極的に取り組み、より獣害に強い柚への転作をして自己防衛を計った農家も多かったのだと思います。
平成15年には、「しまんとのもり組合」が設立され、害獣とされる鹿を原料に「シマントウォンテッドジャーキー」という加工品が商品開発され、そのユニークな取り組みに注目が集まっています。
しかしまだまだ、流通量は少なく事業として成立するためには、様々な課題があるようです。

なぜ1/10まで減った? ~連年の台風に生産者の意欲が萎えた?~

平成16年10月20日に高知県土佐清水市に上陸した台風23号、平成17年9月6日に長崎県諫早市に上陸した台風16号と連年の大型台風が、栗の収穫時期と収穫前の時期にそれぞれ甚大な被害を与え、平成16年には800万円、平成17年には470万円しか出荷できず、栗農家の経営安定のために組織された「共済組合」が破綻に追い込まれる原因となりました。

なぜ1/10まで減った? ~人まかせの販売で地域ブランドが確立できなかった?~

これまで述べた2つの要因は外部要因に過ぎません。
本当の真因は生産者の中に潜む「作っても仕方がない」という気持ちにあるのではないでしょうか。「作ってもこんな値段じゃあ仕方がない」、「猪に食べられるのじゃあ仕方がない」など。

「仕方がない」と諦めているうちに、自分たちの作った栗が「丹波のくり」や「小布施のくり」に化けて市場を流通していたのです。

本当のところ、栗の生産に魅力がありませんか?

ある栗生産者よると、1反で300kgの収穫、キロあたり300円で販売できれば、栗は米をつくるのに比べても単位収量は高いといわれます。
また、栗園のつくりだす四万十川流域沿岸の景色はお金に換えがたいものがあります。
落葉樹である栗の林は、山に腐葉土層をつくり、水質浄化のできる緑のダムでもあります。
栗の生産に携わり、四万十川の景観や環境保全に寄与できるとすれば。。。
それはそれは魅力的なことではありませんか?

「栗という名の一農産物」から「四万十で私たちがつくる栗」に。。。

商品の構成要素に価格と品質だけしかなければ、「よりよい品質のものをより安く手に入れた方が嬉しい」となります。
これだとお客さまに喜んでいただくためには、一生懸命いい栗をつくって、安く提供することが市場の原理に合う生産販売となります。
「じゃあ、がんばるか」と、頑張ったところで、農業者の労力は報われにくい構造なので産地間競争で敗者が生まれ、栗から撤退するという同じコトの繰り返しとなります。
自分たちも嬉しい
お客さまも嬉しい
地域の他の人も嬉しい
四万十川も嬉しい
関わる人みんなが嬉しい栗生産にしなければ持続性が確保できないのです。